2017.07.03更新

7月1日に成長期身体セミナーを行いました。

院内セミナーは昨年のストレッチセミナーからのバージョンアップで身体について毎回違う内容でセミナーを行っています。

ストレッチセミナーも毎週土曜日の夕方に受付していますので、ご利用ください。

今回は当院が得意としている成長期のケガに沿って、
疲労や痛みの原因
・成長期のケガ
・姿勢
・学力低下やパフォーマンスについて
・改善策、予防策
といった内容で行いました。

今回の内容を聞いてみたい、チームでも話をしてほしいという方はスタッフに声をかけてください。

 

画像

画像

投稿者: 整骨院らくらく堂

2017.06.07更新

神輿ネタばかりですいません(^^♪

日曜日に横浜で神輿を担いできました。


出だし、横浜まで車で行くとけっこう時間がかかるんですね。
渋滞にもはまり、スタートギリギリの到着になってしまいました。

急いで着替えて、ビールをいただき、会場へ


初めてのお神輿だったので、緊張しつつ様子みながらお神輿の後ろを歩いて

お神輿は場所によって掛け声や担ぎ方が違うのでどんなもんかと

嬉しいことに背の高い人がけっこう多くて担ぐ場所はすぐに見つかりました。

画像

 

担ぎ始めちゃえばガンガンいきます。

 

気温も高く気持ち良く担いでいると、横から水が
チョットなら気持ち良いのですが、ホースで放水、ピンポイント狙われてびしょびしょです

画像


だんだん慣れてきて一番前も担いできました。

 画像


終わった後にはすぐそばにお風呂見つけておいたのでゆっくりしてきました。

投稿者: 整骨院らくらく堂

2017.05.16更新

こんにちは

普段はfacebook『整骨院らくらく堂』で活動報告をしていますが、珍しくブログの方で

5月14日母の日に日野市では新選組祭があり、その中のイベントでお神輿があり、担いできました。


毎年日野市中の神輿から2機が選ばれ、日野市中の担ぎ手が担ぎます。

普段担がない神輿や担ぎ手の方々と担げるのでとでも新鮮で楽しく、勉強にもなりました。

 画像


自分の今回の目標としては神社の宮入・宮出しを担ごうと決めていました。

ようは美味しいとこどりですね。

画像

大成功

最後に神輿を収める時も一番前

 画像

楽しみすぎたのか、夕飯を実家でみんなで食べた後、19時頃には睡魔との戦いになっていました~

 

投稿者: 整骨院らくらく堂

2016.03.03更新

『7つの習慣のコヴィー博士の教え』

P251
インサイドアウトのアプローチ

 今回の章のお題が大自然の~ということで夕方のミーティングを院の目の前でやってみました。普段とは違う場所で行う事で普段と違う考えが沸いてでてくるのではないかと思いやってみました。
 インサイドアウトのアプローチ、考え方ですが、自分の行動によって影響を及ぼすことができる範囲にアプローチをしていくという考え方です。影響が及ばない所にアプローチするよりも簡単にできそうですよね。
 しかし、インサイド(影響できる範囲)は安全領域でもあります。行動し始めの人が行動を起こすのにはとても良い環境にあります。そのためこのインサイドで満足してしまうと成長できなくなってしまいます。まずは行動、出来るようになったらアウトサイドに目をむけたり、片足を踏み出してみたりすることでインサイドのエリアが広がり成長していけるのです。
 今回の外で行ったミーティングはまさに、暖かい院内から飛び出て外で今までと違う刺激を受ける事での新しい考え方も持つことによっての成長を狙ってみました。
 それぞれ考え事をしやすい場所があるのではないかと思います。たまに違う場所、例えば普段は最寄りのスタバで考え事をしているのであれば山や海の見えるスタバに変えてみる、といった少し変えるだけでも違う刺激になるので、普段と違ったアイデアがでてきますよ。
 ちなみに自分は普段は院内かスタバで読書+メモで考え事をします。年に何回かは海の見える所で考え事をするように予定を組んでいます。

投稿者: 整骨院らくらく堂

2016.02.16更新

『7つの習慣のコヴィー博士の教え』
P155

安全圏からでる

本文中では現在の状況を安全圏内だとすると、その中にいては成長もしないし、新たしい解決策を見つけるには考え方や行動の変化が必要だと書いてあります。

先日継続的に指導に行っている高校のサッカー部の出来事なのですが、部員が授業をさぼってしまうという問題が起きました。

高校生のサッカー部に携わって10年以上になりますが、初めての事でした。

選手達には「10年以上トレーナーをやってきているけど、初めてだ。もちろんすべての選手が同じなわけでもないし、個人一人ひとりが違い特別だど思っている」という話をしてきたのですが、なんかモヤモヤが残っていました。この話を他の人に相談したり、本を読みながらいろいろ考えました。

今までの経験、10年以上の現場経験はありますが、今までの経験という安全圏内にいてはチームの改善はできない。自分の考えや行動を変えて新しい方法を考えチームの成長や自分も成長したいという考えに現状では変わってきました。

何をするかというと、今までは自分が選手と直接話をしたりしていましたが、それでは今までと変化がなくなってしまいます。今考えているのは「人に任せる」という事です。サッカー部には今年トレーナーの資格をとった後輩が継続的に見にいっています。その後輩に自分の経験や書籍で学んだ事を教えて、自分がいなくてもチーム内のサポートの種類を増やせるようにしようと思います。

選手は監督やコーチといったそれぞれ先生に比べるとトレーナーの方が話をしやすいと選手から言ってもらえます。なので、痛みやケガのケアだけでなく、メンタル面のサポートも追加することで選手のパフォーマンスも上がってくるので、チームの戦力アップにもつながります。

これから何を教えようかこれから考えつつ、効果が出た時のチームの状態を妄想し、楽しみながらリストアップ作業を進めていきます。

 

投稿者: 整骨院らくらく堂

2016.02.06更新

『7つの習慣のコヴィー博士の教え』
P58
「この行動の目的は何?達成したらどんな影響を受けたり、与えたりできますか?」

 今回の読み合わせミーティングではスタッフそれぞれが決めたミッションに対してこの質問を投げかけました。
ミッションが何のためにあって、どんな影響が自分や周りの人達に影響があるのかを考えました。これはミッションの価値になります。いろいろ考え事を進めていくと最初考えていた事から発展していき、どこに向かって考えているのか分からなくなってしまった時にこの質問をすることで最初の目的を確認でき、またゴールに向かって進む事ができます。

自分は
毎日楽しく過ごす
それには自分が楽しく笑顔でいること、そして一緒にいる人たちも笑顔でその笑顔を見てより楽しく、笑顔でいたい
そのために、自分や周りにいてくれる人たちが笑顔になれるよう主体性をもって積極的に活動する
というミッションを持っています。
なんのためか?達成するとどうなるのか?どんな影響なのか?
という部分はすべての質問の答えになると思っているのですが、
「もう一度やりたくなる」
です。
最初は偶然だったり、他の人が準備してくれたかもしれませんが、本当に楽しければもう一度体験したいと思うのではないでしょうか?最初のように準備されなければ自分でもう一度体験するために準備するようになる。そこまで感情が楽しく感じるのが自分の考える『楽しい』です。この『楽しい』が年に何回も、毎月、毎日あったら最高の人生になると確信しています。

これが自分のミッションになっているのですが、このミッションは人それぞれです。ミッションがあると判断基準となるのでとっても楽に判断できるようになります。
ミッションを持っていなくても最初の質問の
「この行動の目的は何?達成したらどんな影響を受けたり、与えたりできますか?」
を自分に投げかけてみてください。
内容が同じイベントでも今までと違う感情がでてきますよ。

 

※最後に
文章の最後にアマゾンの本紹介を載せています。
これはこのブログを読んでいただいた時に興味を持っていただいた時すぐに調べられるように載せています。
また、人間はすぐに忘れていまい、行動がしにくい、後回しにしてしまう部分もあるので、思い立った時にすぐに行動できるように貼り付けさせていただいています。

 

投稿者: 整骨院らくらく堂

2016.02.04更新

『7つの習慣のコヴィー博士の教え』

P241

「考えなさい。もっと深く考えなさい」

とても深い言葉に感じました。

普段自分でも考えて話をしたり、行動していますが、この文章を読んだ時に「自分の考えは足りないのかもしれない。もっと他の考え方があるのかもしれない。」ととっさに思いました。

夕方の本の読み合わせミーティングでもスタッフからも同じ部分を読んで「考えさせられる。なんか後ろから押される感じ。」といったコメントもでてきました。

自分と同じように誰もがいろんな事を考えながら話をして、行動していると思います。この文章では、考え方(質)や考える時間、そして考える事をやめる事で自分の限界を自分で作らない、考え続ける事で自分の可能性を伸ばし続ける事ができるというメッセージが含まれているのではないかと思います。

また、「立場が変わったらどうなのか?」というのも考えてみました。
・男性と女性
・監督と選手
・経営者と従業員
・主催者と参加者
・治療家と患者さん
等など

 私は毎日読書を読む事、患者さん等いろんな人と接する事で刺激を受け考える事ができます。この考えるきっかけを自分から用意しています。読書も患者さんと接するのも日常普通の行動ですが、自分で考える要素を見つけるよう意識をすることで見つかり、考え自分を成長させています。

「考える」質や時間ですが、毎日行う人とまったく行わない人では差ができるし、毎日やっていても、一日に何回も考える人と一回しか考えない人では差ができてしまいます。質に関してですが例えば当院では治療が終わると次の患者さんの為にベットを用意するのですが、早く済ませようと考えるとタオルが雑に畳まれていたり、カゴもそろえて置いていない状態になると思います。患者さんが見た時に気持ちよく使ってもらう事を考えればそんな事も無いはずですね。また、次使う患者さんの症状を把握していれば、同時に設置も変えられるのでスムーズに患者さんを案内できるようになります。

このような事をスタッフどうしで本を読みミーティングをしています。

 

 

 

 

投稿者: 整骨院らくらく堂

2016.01.27更新

『7つの習慣のコヴィー博士の教え』

 

P206

真の友情とは「相手がなり得る最良の人」となるように応援すること

 

整骨院らくらく堂では毎日読書ミーティングを行っています。

内容は担当スタッフが気になった文章から質問を出され、それに答えていく形式です。

一つの文章からいろんな考えを見つけ出すのと、スタッフそれぞれが同じ内容からどんなことを考えるのかをそれぞれ確認し共有することを目的に行っています。

 

ミーティングでスタッフからお題で

「自分の友達や家族に対して相手の最良の人となるよう、どんな事をしていますか?」

という質問がでました。

 

みなさん、何か気にしていたり、考えた事ありますか?

 

 

自分の回答は

 

以前仙台の津波による被災地を見に友達に連れて行ってもらいました。

 

家も基礎のみで建物も外枠だけで、住宅地というか、人が住んでいた感じはしませんでした。

更に海にも一緒に行きましたが、この海の波がいつ襲ってくるかわからないし、今一緒にいる友達が流されてしまっていたかと思うと涙が止まりませんでした。

 

東京に帰ってきてからもその事を考えると涙がでました。

 

乗り越えられたのは『7つの習慣』という本を読んだり、人に話をしながら、考え

 

「自分が会う大切な人が今回会った後、急に亡くなってしまってもやり残した事があって後悔しないよう、全力で会う。もし準備が必要なら準備から全力で行う。そして、楽しめるよう工夫すること」

 

をする。これはプライベートだけでなく治療の面でも、自分で症状の改善ができなくて悔しい思いをするのではなく、患者さんの症状を改善させ、自分の周りの家族や友達を自分の技術で痛みから解放してもらい、笑顔を見れるように考え行動する事を毎日心がけている事です。

 

というのが自分の回答になりました。

 

この様に本を読んでいると過去に決めた自分ルールを思い出し、再確認できます。

 

皆さんも昔読んだ本で「この本良かったな~」と思った本を読み返してみてはいかがですか?

 

 

投稿者: 整骨院らくらく堂

2016.01.20更新

『7つの習慣のコヴィー博士の教え』
P194

 


ぶれない強さは、「明確な目標を持つ」ことで得られる

皆さんは人生のミッションもっていますか?

 

先週スタッフにそれぞれミッションを決めてもらい、14章のお題の目標を持ってもらうことができました。
ほとんどの人が人生のミッションを持っていないのではないでしょうか?本で学ぶまでは自分は持っていませんでした。

 

本の中にはミッションは見つかるもの・見つける物と書いてありましたが、見つけられませんでした。なので、自分で決めました。

 

スタッフも1年近く読んでいますが、見つからないということだったので決めてもらいました。


 自分のミッションを持つこと、認識することによってゴールや出来事の判断材料にもなりますし、評価ができ修正もできるようになります。

 

ですがミッションがないと、評価・修正・ゴールまでの計画をすることができないのです。今回自分のミッションを決めたスタッフはとても素晴らしい1歩を踏み出しました。

 

今日のミーティングでは自分もやったように視覚化していく作業をします。


今までどんな時に起こっていて自分の状態・目に見えたもの・意図的にできた時・偶然にできた時というのを書き出し作業をしてもらう予定です。


ミッションを視覚化・具体的にすることでより成功・達成しやすくなります。


自分もミッションを決めた後に具体的に可視化をすることで、以前よりも楽しくいろんなイベントに参加できていて、年間通して楽しいイベントばかりになりました。

 

そして期限を決める事ですね。この期限も最後だけでなく、来年だったり、3年後であったりといろいろ設定をしようと思っています。

 

 

 

投稿者: 整骨院らくらく堂

2016.01.13更新

『7つの習慣のコヴィー博士の教え』
P134を読んでいて

価値ある人
整骨院らくらく堂の価値、院に来る理由、整骨院らくらく堂は何をするところか?というのをどう伝えやすく表すかというのを考えているところなんですが、本を読んだり生活をしている中で、自分の価値というのも考える事ができました。

整骨院らくらく堂の価値、他の医療機関との違い、整骨院らくらく堂の患者さんへの思いを書き出してみました。

痛みを原因から治す所
原因を無くすことで早期回復・再発予防
痛みを出す原因が残っている事で患部の治りが悪いし、治っていると思っても治っていないのでまた痛みがでてきてしまう。その原因を治しつつ出ている症状を改善していく
痛みがあると辛い顔でいらっしゃいます。治療が終わって身体の不調がなくなり痛みが無くなるとスッキリ笑顔で帰っていただけます。

そんな笑顔を毎日見れるよう学んでいきたいですね。

 

投稿者: 整骨院らくらく堂

前へ
WEB予約受付中 交通事故でお困りの方 肩・腰・膝メニュー
女性の方はこちら らくらく堂ブログ
患者様の声 スタッフ募集
整骨院らくらく堂 公式facebookページ